FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラダーケーブル導入後のセッティングの見直し

先週の土曜日(2018/13) スピーカースタンドとウェルフロートの間にアコリバのゴムインシュ(CP-4)を設置してから
5日が経過いたしました。

IMG_20181018_094618.jpg


そもそもこのセッティングをしようとしたきっかけが
スタンドとスピーカーをとめる転落防止用のネジを使用した時
使用しなかった時の音の違いに気がついたことでした。

ネジを使用した時の方が 低域の制振がしっかりしていて
量感とスピード感も両立していました。


これはスタンドの上でウェルフロートが滑っていることにより
スピーカーのエネルギーがスポイルされているのでは?
また、ウェルフロートのバネが柔らか過ぎてスポイルされているのでは?

ならばウェルフロートのフルコンメカVer(バネ強化)を導入したら・・・
なんてことを考えていた その当日 フルコンメカVerの導入を決めたと

同じCDプレーヤー、同じスピーカーをご使用のKさんから連絡があり
あまりのタイミングにビックリいたしました(汗

KさんがフルコンメカVerを導入後 このゴムインシュ(CP-4)を追加して
結果が上々であったことが決定打となりました。


私のシステムの方では
設置5日経過してからCP-4がようやく馴染んできたようで
高域の透明感や低域の質感が以前より増しました。

とても良い感じです!


それに伴ってラダー導入から気になっていたのが
音の広がりが狭いこと、ボーカルが前に張り出し過ぎて
背景の楽器などの位置関係の違和感です。
更にバイオリンの響きもちょっと歪んでいるような・・・
オーケストラもどことなく狭い範囲で演奏されているように感じていました。


そんなことで、滅多にスピーカーの角度をイジることはしないのですが
思い切ってスピーカーの内振り角を25°→15°に広げました。


気になっていたボーカルの張り出しは減り かつ 密度が薄くなるといった感じではなく
より自然な形で浮遊して広がっていく聴こえ方になりました。

バイオリンなどの室内楽で最初は調整していって
ボーカルといったテストでセッティングを行いました。

本当にちょっとしたことで 良くもなり悪くもなる(鳴る) 非常にセンシティブな環境とシステムに
ずいぶんと長い間泣かされ続けてきましたが、ようやく突破口が見えて
好転の方向へと進んでいます!


その後
少しボーカルの主張というか濃度が薄くなって、感動要素(熱量)が減ってしまったように感じたので
スピーカーの内振り角をもう1~2°内側へ微調整・・・

これでバランス的にも感動要素もバッチリ!

しばらくこれで聴き込んでいきます。

それにしても

敏感過ぎるぜぇぇぇ~~~(笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケニティー

Author:ケニティー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。